陣痛ジンクスって効果あるの?3度の出産から試した結果をレポ

出産前になると、大きなお腹が大変で陣痛ジンクスを試してみたくなりますよね。

まーみ
寝苦しいし、動きにくい、とにかくお腹が重くて早く出てきて~!と毎回陣痛ジンクスを試しちゃう。笑
今までに3回出産を経験し、試したジンクスも数知れず!効果があったな、と思ったものをまとめました。

陣痛ジンクスって?

これをすると陣痛がきた!そんなジンクスがググるとたくさんでてきます。
大きなお腹で身動きがとりづらくなると、早く生まれてほしい!そんな思いから試してみる人も増えるようです。

37週以降はいつ産まれても大丈夫

37週を超え正規産と言われ、いつ生まれても大丈夫な期間に入ります。

助産師さん
37週超えたら出産にむけスタートラインに立ったようなもの!1日でも早く赤ちゃんが出てきた方が小さくて、お産が楽になるよ。
3人目の母親教室に参加した際にこのように話を聞き、152センチの小柄なタイプなのに、3100前後と大きめベビーが多い私。
なかなかスポっと産まれる!を経験したことが無かったため、これは本当にそうだな!と納得しました。

37週以降に試してほしい陣痛ジンクス

陣痛ジンクス~食べ物編~

オロナミンC

陣痛ジンクスでは王道ともいえるオロナミンC。

手軽に試すことができるため、一番人気といっても過言ではありません。

オロナミンCは、ビタミンC・ビタミンB6・ビタミンB2・アミノ酸・はちみつなどが主成分な医薬部外品の炭酸飲料です。

私も3度の出産の度に飲んでいますが、実際オロナミンCで陣痛が始まった!という感覚はありません(笑)

まーみ
普通においしいし、なんとなく頑張りたい時にのむイメージのオロナミンCは、陣痛待ちにはぴったりかもしれません。

焼肉

こちらも定番といっていいほどの焼肉。

実際、3人目の時はBBQをした日の夜中に陣痛がはじまりました。
1人目、2人目ともに出産前に焼肉は食べましたが、確かにオロナミンCよりは効果はあるような。

焼肉を食べるとスタミナもつくので、体力も気力も使う出産前にはぴったりの食事かもしれません。

また出産後は、しばらく小さな赤ちゃんを連れて焼肉はハードルが高いので、出産前に行っておくとあとで後悔しません。

ラズベリーリーフティー

ラズベリーリーフティーはヨーロッパ木イチゴの葉っぱを乾燥させたハーブティーの一種です。

産院でも奨められ、「安産のお茶」とも言われているそうです。

私は苦手な味であまり飲めなかったのですが、主成分のフリガリンが、子宮や骨盤周りの筋肉の緊張を緩めてくれれ、陣痛も和らげてくれるとか?

陣痛がくる、というよりは安産になる陣痛待ち中の飲み物という位置づけです。

陣痛ジンクス~運動編~

ぞうきんがけ

これは産院でオススメされたのですが、とにかくぞうきんがけしなさいと。

雑巾がけ時の四つん這いの姿勢が股関節を柔らかくしてくれ、四つん這いの角度が赤ちゃんも降りてきやすくなるため、陣痛も早まるようです。

赤ちゃんを待ちながら掃除もで、股関節のストレッチもでき、赤ちゃんは降りてくる、一石二鳥どころか、一石三鳥なのがぞうきんがけ。

私もこれは毎日するようにしていました。

階段の上り下り

階段の上り下りも陣痛を促す運動としては有名で、陣痛が弱いと病院でさせられた!という人もよく聞きます。

階段を上り下りすることで、重力が加わり赤ちゃんも降りてきやすくなり、陣痛が誘発されるようです。

手ごろの階段がなければ、踏み台などで室内で昇降運動をするだけでも効果はあるようなので、テレビを見ながらでも試してみる価値はあります。

関連記事

長女は吸引分娩で出産しました。どういう状況で吸引分娩になったのか、出てきた娘の様子やその後の状況、また保険の話などを体験を基にまとめました。 吸引分娩とは? 吸引分娩とは? 胎児にカップを付け吸引圧をかけて、引っ張り出す分娩方法です。[…]

陣痛ジンクスを試してみよう

いろいろ陣痛ジンクスをまとめてみましたが、私の中で効果を感じたのは、焼肉ぞうきんがけです。

陣痛が起こることは予測できるものではなく、コントロールできるものでもありません。

いろいろ陣痛ジンクスを試しても、効果があるかは人それぞれですが、安産になる!と言われるものは、ぜひ生産期に入ればやったほうがいいものかもしれません。

実際赤ちゃんが下がってこなければ、お産ははじまりません。

赤ちゃんが降りてくることを手助けできるのであれば、それは必然的に陣痛の誘発に繋がるとも言えます。

これから出産!という方は、出産にむけてスタミナをつけ本番にむけ準備することが大事です。