新生児期にうまく授乳できないママへ!3人を1ヶ月搾乳で育てました

長い妊娠期間を経て出産。そこでゴールのように思っていた長女の出産時。

出産後に授乳であんなに苦労するとは、思いもしませんでした……

授乳って母乳がでるかでないかの問題で、できるかできないか!という問題があることを全くわかっていませんでした。

もし今、私のように授乳できずに悩んでいるママに少しでも肩の荷がおりれば、と体験を残しておきます。

授乳ができない

私は母乳の出がとてもいい方で、産後2日目にはばっちばちに張って大変なことになる状態の、むしろ出すぎるタイプでした。

そんな状態なので、とにかく飲んで欲しい!ところが、赤ちゃんは全く吸えませんでした

入院中はひたすら授乳の練習……

 
まーみ
母乳育児推奨の産院だったため、とにかくスパルタ。夜寝れなくて新生児室に返しても、「もうちょっと頑張り」と返される・・・。泣きながら夜中授乳の練習した辛い入院でした。

血豆ができては潰れを繰り返し、歯を食いしばりながら、吸わせる練習をしましたが、私は痛い!娘は出ないから泣く!この悪循環で全く出来ず。

このまま授乳なんて出来ないんじゃないか・・・そんな風に先の見えない練習が苦痛で苦痛で・・・

搾乳した母乳をあげることに

とにかく授乳が痛いし辛いし……しかも間隔なんて空きもせず、ずっと吸わしてんじゃないか!っという、最悪な状態に陥りました。

こうなったら、授乳が嫌で仕方ない

そこで、張りも強かったので搾乳器を使ってみることに。搾乳器を初めて使った時は、張りから解放されてすごく楽に!

 
まーみ

張りがとれるとこんなに楽になるんだ!きっと飲んでくれると、すごく楽なんだろうな・・・と思う反面、授乳の時間が怖くなっていました。気づけば楽な搾乳器に頼るようになっていました。

そして搾乳した母乳を哺乳瓶に移して、娘に与えるとたくさん飲めるので満足感からよく寝てくれるようになりました。

そこから搾乳した母乳を哺乳瓶で与えるようになりました。

関連記事

私は産後すぐに直接授乳ができず、搾乳してから哺乳瓶に移し替えて飲ませる!という新生児期を過ごしました。それも3人とも。   まーみ 結構びっくりされるんだけど、逆にすぐに飲める赤ちゃんがすごすぎて、びっくりする! 陥没乳首だった…と[…]

授乳出来ず搾乳だけでリズムを作る

搾乳だけと割り切ると、私の授乳ストレスは解消され、気持ちの面でもすごく楽になりました。

搾乳した母乳を冷蔵庫で保管し、泣いたらその母乳をお湯を入れたマグカップで温めて与えます。飲ませて赤ちゃんが眠り出すと搾乳!この繰り返しをしながら過ごしました。

 
まーみ
慣れてくると搾乳15分、飲ませるのに15分の30分で完了するように。とてもリズムよく出来たので、私はすごく楽でした。

搾乳だけで母乳育児するメリットとデメリット

まずはメリット

  • 授乳ストレスから解放される
  • たくさん飲めるから間隔があく
  • 飲ませるのは他の人にも頼める
  • 飲む量がわかりやすい

私は痛い思いをして吸わせる辛さを考えると、搾乳のほうがはるかに楽でした。

そして授乳だとうまく飲めず間隔があかないのが、きちんと3時間空くようになり、夜も少し楽でした。

反対にデメリットは

  • 搾乳器や哺乳瓶の消毒の手間
  • 搾乳と飲ませる時間とで時間がかかる
  • 外出先で飲ませることが出来ない

メリットもデメリットあります。

ただ新生児期の授乳できない辛さから解放される、というメリットは当時の私には絶大な魅力でした。

搾乳だけで育てる不安

でも搾乳して母乳を与えて育てる日々を過ごすと、出来ない授乳から逃げているだけでは?このまま出来ないままだったらどうしよう。搾乳だけで育てる人なんているのかな?と、いろんな不安がでてきました。

 
まーみ
気づけば「授乳できない」とかググってしまう私。でも授乳をずっと出来ない人ってなかなかいないんですよね。すると余計に不安になるんです。

1ヶ月でお宮参りへ行くとなったときに、外出時間が長くなるので、授乳できたら楽なのになぁ・・・そう思うようになりだし、お宮参り前に授乳練習を緩く開始し始めました

ゆるく授乳の練習

授乳練習は、お昼からだけ!とか午前中だけ!とか、まずは半日直接飲ませて過ごしてみよう、という目標をたてて開始しました。

1日練習すると、とにかく痛い!もういや!となると、また搾乳に戻す。
そしてまた翌日に練習する!無理せず焦らず、自分のペースでトライしてみました。

 
まーみ
自分を追い込みすぎると、また授乳が嫌いになってしまうので、無理せず自分のペースで練習しようと思いました。出来なくても搾乳がある!そんな気持ちでした。

生後3週間頃には、産まれたての頃より口も大きくあくようになっていたり、哺乳力があがっていたり、いつのまにか赤ちゃんも吸うことが上手になっていました。

私自身も、ママになって数日より数週間はやっぱり違う。少し余裕もありぎこちなかった抱き方も様になり、上手になっているようでした。

そのため、最初の頃より飲めるようになっていて痛いながらも少し満足そうな顔も見ることが出来るように!

練習すること2週間・・・・なんとか昼間は授乳だけで過ごせるようになりました。

そして3週間目の、娘が1ヶ月半を迎える頃には搾乳を卒業し、授乳だけで過ごせるようになりました。

まさかの2人目・3人目も授乳できなかった

長女は1歳3ヶ月で卒乳しましたが、それまでほぼ母乳だけで育てました。そのため、2人目・3人目は産まれたてからすんなり授乳できるはずだ!そんな風に思っていたのに、いざ生まれると・・・

 
まーみ
え、全然飲めんやん。
しかもむっちゃ痛い!
1人目の辛い思いでカムバック!
すんなり出来ると思っていた授乳が、全く出来ず。
結局2人目・3人目も同じように1か月間は搾乳でやり過ごす日々を過ごすことになりました。
まぁ、といっても慣れたもんだったので、「いずれ出来るようになる」そんな気持ちから不安もなく、気長に搾乳で過ごすことができました。

オススメの搾乳機

こんな理由から、搾乳機にはこだわりの強い私。

1ヶ月の間1日8回の搾乳をしていたので、そりゃもう酷使レベルです。そんな私のマイベスト搾乳器をご紹介します。

メデラ スイング電動さく乳器

搾乳器の王道とでも言えるくらい人気のメデラの電動搾乳機。
1万6000円という値段を高いと思うか、安いと思うか、それは搾乳の頻度によってかなり変わると思います。

うちの次女はNICUに入院しましたが、入院中は搾乳した母乳を冷凍して配達する必要がありました。他のNICU入院中のママ達の中でも愛用者がダントツで多かったのが、このメデラの電動でした

とにかく電動のありがたさは、手が疲れない!そしてキレイに絞れる!だから乳腺炎などのリスクも少なくオススメです。

メデラはパーツも少なくバラバラに分解してミルトンにポン!なので、手軽な点もオススメです。

ミルトンはメデラの公式ではオススメしていませんが、私は使える期間が限られるものなで、気にせず突っ込んでいました(笑)白くなるなどリスクがあるようですが、私は白くなりませんでした。

 

今、授乳できないママへ

今となっては笑い話なのですが、今当事者のママにとっては1日1日がとっても長いですよね。いつになったら授乳できるようになるんだろう・・・そんな不安は消えないと思います。
でも絶対に大丈夫!
ママも赤ちゃんも、1日1日、毎日ちゃーんと成長してるんです。こどもを育てながら思うことは、こどもって昨日できなかったことが翌日できるようになるって、普通のことなですよね。
大人になったら忘れがちだけど、赤ちゃんの成長スピードは思っている以上です。
だから無理せず、自分のペースで練習してみて、無理なら搾乳だって、ミルクだってある。頑張る育児ほどしんどいものは無いんですよね。
育児に正解はないので、絶対に授乳がいい!とは思わずに、マイベスト育児を楽しんでください。
関連記事

出産準備の一つで、我が家もウォーターサーバーを導入しました。 現在はプレミアムウォーターを利用していますが、実は2台目。以前は別のメーカーさんを利用いていました。   まーみ 以前使っていたのは、お掃除ロボット付きウォーターサーバーを[…]