【夜間断乳】3回の夜間断乳経験から、成功のポイントとやり方を伝授!

夜中の授乳って辛いですよね……。だんだん月齢が上がってくると卒乳を意識しだすものの、夜何度も起きる赤ちゃんに、とりあえず授乳してしまう。私もその1人です。

でも何度も起きる赤ちゃんに困ってませんか?とくに1歳頃で仕事復帰したのに、夜中に何度も起きる場合はしんどいですよね。

うちも長女1歳で産休あけたころ、1時間に1度起きる娘に四苦八苦しました。

 
まーみ

仕事復帰して、夜中に何度も起きるのは体力的に限界!とにかく朝まで寝たい・・・そればかり考えていました。

そんな時に調べていると、夜間断乳すると朝まで寝てくれるという情報!藁にもすがる思いで、可能性があるならやってみよう!そう思いトライしました。
そんな夜間断乳とは?からやり方や効果まで説明していきます。

夜間断乳って?

夜間断乳とは、その名の通り夜間の授乳だけをストップすることです
寝かしつけは添い乳、というママも多いと思いますが、寝かしつけも授乳以外の方法で行うようにします。

夜間断乳の効果

添い乳で寝かせている場合、眠りが浅くなると口の中におっぱいが無くなったことで驚き起きてしまう・・・その繰り替えしが、夜何度も目覚める原因となっている可能性があります。

この場合、おっぱいで寝るのを辞めることで、夜中に起きる回数がグッと減るようになります。

 
まーみ
長女は夜泣きが3ヶ月から1歳過ぎまで続き、慢性的な寝不足が酷く体力的に限界でした。それが夜間断乳後は一切なくなり、朝まで眠れるようになりました。

夜間断乳はいつ頃始めるのか

だいたい夜間断乳をはじめるのは1歳前後が多いと言われています。
うちは、長女1歳4ヶ月、次女8ヶ月、長男10ヶ月で行いました。夜間断乳をはじめた時の目安となるものは・・・

  • 離乳食の進みがいい
  • ストローなどで水分補給できる
  • 授乳回数が減ってきている

5~6ヶ月頃にスタートする離乳食も、1歳前になると早い子だと3回食に進んでいますよね。そうなると、日中の食事で十分栄養は補えているため、夜間の授乳の必要性が薄れてきています。

そして喉が渇いて水分を欲しがる場合は、お茶を与えられるようにストローなどで水分補給できるようになっている月齢でがオススメです。

また離乳食が進むと、日中の授乳回数も減り母乳量も減ってきているはずです。
もし頻回授乳を続けている場合は、いきなり夜間断乳すると張りが酷くなり乳腺炎の心配もあります。朝までの時間に授乳間隔があいてもママがしんどくないな、と思える授乳間隔があいてから始めることをオススメします。

夜間断乳のメリット

メリットは何より夜間の授乳がなくなることで、慢性的な寝不足が解消できることが一番です。

赤ちゃんにとっても寝不足は同じで、夜間断乳後に朝まで寝れるようになると、朝スッキリ起きれるようになり日中の機嫌もよくなりました。

また1日のリズムが整い、夜はおっぱいが無くても寝れるようになるので、寝かしつけもラクになります。

 
まーみ
おっぱいが無くても寝れるので、パパに寝かしつけをお願いする事も可能に!

夜間断乳のやり方

1.事前にスケジュールを決める

赤ちゃんに「あと〇日で夜のおっぱいはおしまいにしようね」と語りかけ、寝れないことが続くので大型連休などの長期のお休みを利用して夜間断乳すると体がラクです。

2.寝かしつけ方法を考える

いつもは添い乳で寝かせていた場合は、背中をトントンするや、抱っこで寝かしつけるなど、別の方法で寝かしつけを考えてみてください。

うちの場合は、長女は寝たふり、次女は抱っこ、長男はトントンで寝るようになりました。
ここが一番の難関!と思うママも多いと思いますが、例えばエルゴで寝かすとか、あとはパパにお願いするのも一つです。
赤ちゃんなりに、ママがいるからおっぱいがほしい!とわかっているので、パパと寝ると意外とすんなり寝てくれる子もいます。

3.夜中に泣いても我慢

寝かしつけは成功!でも問題は夜中なんですよね。

いつもは添い乳でさっと済ませていたのに、泣いて泣いて・・・どうしようもなくなる場合もあります。そんな時はとにかく落ち着かせて、再度寝かしつけが必要になります。

これがそんなに簡単ではないんですが、でもここを乗り越えなければ夜間断乳は成功できません・・・

あまりに大泣きしてしまう場合は、電気を付けて一度完全に起こしてしまうと、落ち着いてくれる場合があります。

夜間断乳ってどれくらいの期間が必要?

早いと1日、だいたい平均して1週間というのを調べているとよく見ます。
うちの3人の子たちの期間は・・・

  • 長女 2週間(開始時1歳4ヶ月)
  • 次女 4日(開始時8ヶ月)
  • 長男 1週間(開始時10ヶ月)

長女はとにかく手こずりました!

こちらが新米ママだった、というのも大きな原因だったように今となっては思いますが・・・1歳4ヶ月で開始したため授乳に慣れすぎていたのかな、とも思います。

その点8ヶ月で夜間断乳した次女は、とても早く済みました。そう考えると月例が進むにつれ夜間断乳に要する時間がかかるようにも思います。

ちなみに、この日数を経た後は寝かしつけから朝まで一度も起きなくなった日数です。この日数で夜起きなくてよくなる・・・と考えると希望が持てませんか?

夜間断乳を成功させる秘訣!

  • きちんとスケジュールをたてる
  • 寝かしつけ方法を考える
  • 強い意志を持って諦めない

これを読んで、よし!今日からやってみよう~!これは絶対ダメです。

夜間断乳は、メリットはたくさんあるものの、ママにとってとてもしんどい夜になることも間違いありません。

必ず、夜に寝れなくても翌日休息を取れる日に始めてください。

そして、寝かしつけ方法をいくつか考えておくこと!これがダメだったら別の方法を試せるように、いくつか引き出しを準備しておくことで心にゆとりが持てます。

 
まーみ
頭を撫でるや、背中をさする、あとお気に入りのぬいぐるみを渡すなど、寝かしつけ方法はいくつも考えておきました。

そして最後は根性論みたいになりますが、決してあきらめないこと

途中でやめてしまうと、しんどかったことが無駄になってしまうので、諦めずとにかく1週間は続けてみましょう。ちなみに夜間断乳はママでなくても、パパでもできます。

ママだけが負担を抱えるのではなく、パパにお願いしてみるのも一つです。

夜間断乳をやってみよう!

夜間の授乳や夜泣きなど、夜に起きることはママにとって寝不足だけでなく精神的にも辛い部分があります。

夜間断乳は、とても大変なプロセスですが、この大変さを超えると育児がずいぶん楽になります。

私は3度の夜間断乳をしましたが、やってよかったと思っています。慢性的な寝不足で悩んでいるなら、一度試してみる価値アリです。

関連記事

3度の妊娠出産を経験し、3人共母乳で育てたためその間おっぱいをこれでもか!と酷使しまくった時期を過ごしました。 そんな時期を超えて、私の体も大きく変化したわけです。   まーみ 先輩ママから卒乳後は元より1カップも2カップも小さくなる[…]