【超簡単】オシャレなトミカ収納棚DIY!セリアの材料だけで遊べる収納作成!

集めるのは楽しいけど、とにかく片付けが大変なトミカ!箱に直してしまうと、ガチャガチャうるさいし壊れそうで心配。
そこで、楽しくお片付けが出来るトミカ収納を作ってみました。

トミカ収納棚を作るのは難しい?!

いえ!簡単です!
所要時間は3~4時間、こども達の様子を見ながらの作成なので、集中して作ればもっと早く作れるかもしれません。
ちなみに私の工作センスはゼロ!超絶不器用です。中学の卒業制作も・・・完成してません(笑)

夏休みの工作にもオススメです!

トミカ収納DIYに使う材料

まず材料を買いに行ったのはセリア。完全ノープランで行ってみて、購入してみたのはこちらです。

【セリアで購入したもの】

  • 檜の木の板30×8.5×1 7枚
  • 薄めの板 30×30
  • 人工芝2枚
  • 黒板シート2枚
  • ステンシルシール3セット
  • ビニールテープ
  • ネジ

合計17点です。失敗を恐れて多めに買いました……。正直失敗しなきゃ、黒板シートは1枚、人工芝も1枚、ステンシルシールも数字にこだわらなければ1枚で大丈夫です。私は黒板シールも切ってサイズが合わない・・・・ステンシルシール上手く貼れない・・・と失敗を繰り返したので、多めに買って正解でした!笑

そのため、だいたい1500円程で作成が可能です。別途自宅にあった工具も利用しています。工具類は必要に応じて準備してください。

【使用した工具】

  • サンドペーパー
  • 電動ドライバー
  • ものさし
  • はさみ
  • 両面テープ

トミカ収納棚DIY方法

ではさっそく作成していきたいと思います!

1.板をサンドペーパーで整える

檜の板7枚の角をサンドペーパー削り、角など危ない部分は綺麗にしておいてください。

2枚はサイドに使用するため、上部を少しアーチ状に削りました。ここは好みで四角のままでもいいし、斜めにカットしてもいいと思います。

2.黒板シートを木の板のサイズに合わせて4枚切る

黒板シートを広げると、木の板とちょうどいい幅になります!ぴったり、というわけではありませんが、サイドは人工芝で隠しちゃうので大丈夫です。

裏向けて鉛筆で線を引きます。

板プラス5〜6センチのところで線を引きます。これもだいたいで大丈夫!

こんな感じで黒板シートを板の枚数分切ります。筒状に丸まっていたので、型が残っていますが問題なく貼れるので大丈夫です!

ただ丸まって貼りにくいので、抑えてお手伝いしてもらうと、とっても助かります。

3.黒板シートを木の板に貼ります

上が表から見た木の板。下が裏から見た木の板です。板の片方はくるんと裏側まで貼り側面にも黒板シートが貼られている状態にしてください。

4.黒板シートを貼った木の板に白線をひく

木の端から、端っこだけ5センチ、あとは4センチで引いていくと1枚で7個分のスペースが出来ます。5ミリほどの線を書き足して2本線にしておくと、次の作業がやりやすいです。

これを4枚分してください。

この白線は、本当は白のビニールテープを細く切って貼る予定でした。……が!全然うまく切れない!!もうムリ〜ってことで、白のポスカで直接描きました(笑)

力みすぎてドバーッと出たりとハプニングもありましたが、気にしません。笑

5.ステンシルシールで数字を貼る

利用したのは1つの数字が3つあるタイプのシールです。いくつか種類があったので、お好みのものを選んでください。

私は1〜5で4段作ったので2枚必要でしたが、通し番号でいくなら1枚でも大丈夫です。

不器用な私はこの作業が1番手こずりました。ステンシルシールがとにかく苦手!ズリバイ息子にも邪魔されながら、何とか全部の板に貼ることが出来ました。

6.人工芝でデコレーションしていく

これだけでも十分リアリティはあるし、可愛いんですが、よりオシャレに!かつ粗を隠すために人工芝を貼ります

だいたいでチョキチョキはさみで切っちゃいました。これを木のサイドと、別の木の1枚全部に両面テープで貼り付けます。両面テープは分厚めのものを使用すると、くっつきやすいです!

この人工芝を切る工程ですが、とにかく緑の破片が落ちまくります!必ず新聞紙などを敷き、その上でするようにしてください。

7.サイドに利用する木のネジ穴をキリで空ける

ここまでくると、後は組み立てるだけ!

残りの2枚の木に組み立てる予定の場所に、キリで穴を空けます。この時、トミカが落ちてこないように、上4段は少し斜めに傾斜をつけます。1番下は設置もしにくくなるので、まっすぐ付けました。

穴を空ける場所を鉛筆で書いておき、キリで空けてネジ穴を作ります。

8.ネジで組み立てる

あとはもう組み立てるだけ!私は電動ドリルを利用しましたが、檜は柔らかいのでドライバーでも出来そうでした。

電動ドリルでやる場合は、早くやりすぎると板が割れそうだったので、ゆっくりやるほうがいいと思います。

9.裏板を貼る

実はこの裏板、最初は予定がなくて壁にくっつけて設置するなら要らないと思ってたんです。だから、最初の材料の写真の中にもありません。ごめんなさい!

でもないとバンバントミカが落ちてくので、付けることに!100均にも薄い板が売っているので、サイズが合えば何でもOK!!

私は30×30の板を、サイドに使用した木をアーチ状に削っていたので、はみ出ないように上部を少しカットしました。斜めにカットしたり、四角のままの場合はカットせず利用できると思います。

10.裏板を留めたら完成です

これで全部完成です!

所要時間は3時間。粗もありますが……全然問題なし!(笑)

トミカ収納棚を100均木材以外のもので作る方が安い?

セリアで購入したした場合

今回は檜の木の板を7枚と、背面の板1枚で800円かかりました。

ホームセンターで購入した場合

ホームセンターで長い板を1つ購入し、7つにカットしてもらい、背面用にもカットした場合……

こっちの方が木材は安いと思います!

同じような8センチ程度の幅の細長い木が、1本500円程であるとおもいます。これを30センチずつ7カット切ってもらう方が、安上がりで出来た気がします。

トミカ収納棚を作った後のこどもたち

めちゃくちゃ綺麗に直してくれます!
直す、という感覚よりは遊びの延長で駐車した、という感じかな?綺麗にディスプレイされているので、とてもかわいいです。

ホントに作ってよかった~!!!!!