【マイホーム購入】建売住宅と注文住宅のメリット・デメリット

我が家は昨年、マイホームを購入しました。やはりマイホームと言うと人生でも一番大きな買い物ですよね。悩みはつきませんが、今回は私が感じた建売住宅と注文住宅のメリットとデメリットをご紹介します。

建売住宅

注文住宅と比べて相場が安い

建売の魅力の一つと言ってもいいのが、相場が注文住宅に比べて安いことです。大手ハウスメーカーの分譲住宅もありますが、そういった場合も同じハウスメーカーでも注文住宅より安くなります。建築会社が土地をまとめて購入し一気に家を建てるため、周りの景観とも調和した街づくりを行うため、町並みが綺麗であったり、道幅も広かったりといいこともたくさんありますが。

自由度が低い

建売住宅といえば完成した物件を内覧し、気にればその場で契約してすぐに入居も可能。そのため間取りや壁紙など選ぶ事が出来ず、自分たちの生活スタイルにあった間取りを選ぶことはできません。

★選べる場合もある

実は建売住宅でも自由に選べる場合があります!

我が家は建売住宅を購入しました。購入したポイントの一つに、壁紙や床の色など変更が可能だったからです。

我が家が問い合わせた時期は、情報として掲載されてすぐで建物も建っていなければ、工事にもかかっていない時期でした。そのため、その時点で契約すれば、いくつか変更が可能でした。変更した箇所は以下の部分です。

  • 玄関扉のデザイン
  • 床の色
  • キッチンの色
  • 住宅内のドアの色
  • お風呂の浴槽と、壁の色

基本的に契約した時点で、建材を発注していなければ変更できるそうです。ちなみに変更に伴う料金はかかっていません。

立地条件がいい

注文住宅を購入する場合、元々土地を所有している場合を除き、土地からの購入になります。そうなると土地探しからしなくてはいけませんが、土地が見つからないケースが多いです。

我が家もこどもの学校の人気校区で探していたため、ホントに空きがなく、あったとして値段がかなり高額。土地にお金をかけると、どうしても予算オーバー!だからといってハウスメーカーの進めるベッドタウンのような場所は、どうしても不便そうで。でも建売住宅であれば、探していた校区内にもいくつか手の届く値段で存在していました。

建売住宅を販売する会社はパワービルダーと呼ばれ、独自の土地を扱う流通網を持っていると言われています。だからハウスメーカーで一緒に土地探しをしていた担当者が、「建売の会社にはかなわない」と言っていました。

注文住宅

家族構成に合わせた住宅づくりが可能

ハウスメーカーや工務店で注文住宅を依頼した場合、やはり一番のメリットは住む人に合わせた家が造れる事です。我が家は3人子どもがいるので、それぞれに個室を設けようと思うと、2階に寝室+3室というのが希望でしたが、この間取りってほとんど無いんです。

一度ハウスメーカーで間取り図を作成してもらったことがありますが、見事に希望おさえた間取りには感動でした!ここで住めたら・・・と希望もありましたが、土地がなく断念せざるおえなかったのですが。

住宅性能がいい

注文住宅では、全館空調など住みよい工夫がされていたり、耐震構造がしっかりしていたりと、長期にわたって安心して住める工夫がされています。また保証期間も60年と長いメーカーもあったりと、そのあたりもハウスメーカーの家に対する自信の現れが感じられます。ローンが払い終わる頃には総リフォーム!なんてなると、安心のはずの老後がローン地獄です。その点も考えながら選んだほうがいいですね。

家を購入するにあたっての優先順位を考える

どちらを購入してもメリット・デメリットは存在します。でも人それぞれ優先する内容が違うので、優先順位を決めてからマイホーム探しの条件を決める事が一番だと思います。

  1. こどもの学校の校区と通いやすさ
  2. 交通の便がいいこと
  3. 無理のない金額

我が家はこの3つを優先順位と考え、そう考えた時に出た結論が建売住宅でした。我が家は立地がとにかく大事!と決めていたので、現在も家の前に通園バスが止まるので、かなり恩恵を受けています。今後進学したとしても、主要駅へも近いので通学も安心ですし、本当に良かったなと思っています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

応援お願いします♡