【口コミ】6歳のプレゼントに!もっちりペットもっちまるず子どもの成長を感じる素敵なおもちゃ

お誕生日、クリスマス、こどもの日…子どもたちにプレゼントを選ぶ機会は年に何度か訪れますが、毎回なにが喜ぶのか悩みませんか?

特に年齢によって欲しいものも変わり、「飽きずに遊んでくれるもの」「喜んで使ってくれるもの」そんなことを考えているとなかなか決まりません。

長女が6歳の誕生日に、私達は悩みに悩んでハマりまくっている鬼滅の刃のたまごっちを予約購入しプレゼントしたのですが…同時に叔父にあたる私の弟からもらったもっちりペットもっちまるず」が6歳にめちゃくちゃHIT!

 
鬼滅のたまごっちと同じ育成ゲームですが、画面の大きさも違えばもっちまるずはカラー!
そして何よりも可愛いフォルムがどんぴしゃみたい。
6歳の娘にとって「なにかを育てる」という経験は初めてのことで、これがいい影響を与えているな、と親からみて思うことがあったのでもっちりペットもっちまるずを使用したエピソードを踏まえて、口コミしていきます。

もっちまるずは何歳から使える?

もっちりペットもっちまるずの対象年齢は6歳からとされています。

実際6歳の誕生日に購入した娘は、ちゃんと機能も理解し遊べているようです。でもそこに興味をもつのが次女の3歳です。

3歳だと操作方法はよくわからないようですが、もっちまるずの特徴でもあるぷにゅぷにゅのほっぺと鼻が操作ボタンになっており、ほっぺをぷにゅぷにゅすることで、カチカチになったハムスターがリラックスするようになっています。

3歳だとほっぺをぷにゅぷにゅしてみたり、ミニゲームで遊んだり、育てるではなく「ハムスターと遊んであげている」感じで楽しめていました。

 
育てるという遊びはできなくても、触って遊ぶことで楽しむこともできていました。兄弟姉妹や親がサポートすることで3歳からでも楽しめそうです。
少し上の姪っ子4歳半だと、少し意味を理解しているようでお部屋の掃除やトイレの始末などお世話もできていました。
実質4歳頃から遊べて、6歳頃からは意味を理解し楽しめるようになっています。

もっちりペットもっちまるずはどうやって遊ぶ?

セガトイズ の公式サイトではさまざまな動画も公開されています。

基本的には、食事や掃除、トイレの始末などたまごっち世代の親にとってはわかりやすい仕組みです。

ただ、もっちまるずの場合はゲームでコインを貯めて、そのコインで食事用のご飯を購入しなければいけません。またメニューも豊富で、組み合わせて作ることもできます。

お部屋の模様替えや3種類のゲームなど、ただお世話するだけでなく愛情の注ぎ方で成長の仕方の違いも体感できるようになっています。

大人になったハムスターは全部で16種類いて、成長過程の関わり方によって差がでる仕組みです。

もっちまるずが与えてくれる愛情という影響

もっちまるずをプレゼントしてもらってすぐの頃は、ゲームという認識が強くただのおもちゃの中の一つでした。

でもあることがきっかけで、最優先事項になったんです。

もっちりペットもっちまるずは、約8日間隔で赤ちゃんに戻りもう一度育てるようになっています。子どもが飽きさせない仕組みでもあると思うのですが、これが娘にとってはすごい衝撃だったようです。

 
初めて遊んだときは途中飽きてしまい、1日のうちに1度も触らない日も。
でもある日突然「BYE BYE」の画面が現れ、ハムスターがいなくなってしまったんです。
その時、娘はきちんとお世話してあげなかったことを後悔して泣き、新しくきたハムスターの赤ちゃんをこれまで以上に可愛がるようになりました。
今では、朝起きたらお世話して、保育園中は私のバッグにしのばせて「ご飯あげてね」と毎朝たくされ、保育園の帰りの車でまたお世話。これが日課になりました。
6歳の娘が生き物に対して愛情をもった接し方ができている、と実感でき娘の成長にとっていい影響を与えてくれるおもちゃだと感じました。

もっちまるずのラインナップ

もっちまるシリーズには、うちの娘の愛用ハムスターの「もっちまるず」と猫の「もっちまるずにゃんこ」があります。

カラーバリエーションもあり、好みのカラーを選ぶことができます。
また、もちもちだけでなくふわふわタイプもあります。

またもっちまるずにゃんこは、肉球もボタンになったことと成長パターンも20種類とハムスターより進化していることも特徴です。

もちもちのほっぺはそのままで、ふわふわのファーをまとったこちらもこども心にはHITしそうです。

子どもの成長を感じられる、育成ゲームを6歳のプレゼントに考えてみてはどうでしょう。