【確定申告】医療費控除ってどうやるの?

会社員の方は年末調整があるので、確定申告をしないという方が結構います。
医療費控除も10万以上でしょ?とされない方が意外と多くて!
そもそも医療費控除ってなに?という方にむけて、簡単にご説明します。

医療費控除って?

医療費控除の仕組み

医療費控除とは、1年間で支払った医療費に応じて所得控除受けることが出来るようになります。
支払った医療費が10万以上の場合、その金額がそのまま戻ってくる!と思っている方もいるようですが、それは違います。控除というのは差し引くことを意味し、お金が戻ってくるわけではありません。差し引くってどこ?と言われると、それは支払った所得税から差し引かれるのです。

医療費が10万円を超えた人がする?

よく10万円越えた分が医療費控除の対象、と聞くと思いますが、実は少し違います。
正確には「10万円以上」または「総所得金額の5%」を超えた分が医療費控除に使えます。つまり総所得金額が200万円以内であれば、医療費が10万円に満たない場合でも対象になるんです!

医療費控除の対象になるもの

では医療費控除の対象となる明細はどんなものでしょうか?
わかりやすいもので言えば、病院でもらった明細の金額や、処方薬の明細。予防接種など保険診療外の分も医療費控除対象です。さらに、通院のための交通費もOK!ドラッグストアなどで購入した医薬品も対象になります。
詳しくは以下にまとめてみました。

OK 病院の診察、処方薬、予防接種などの保険診療外のもの
  通院するための交通費
  ドラッグストアで購入した医薬品
  視力回復レーザー手術(レーシックなど)
NG  自家用車で通院した際のガソリン代や駐車場代
   人間ドックや健康診断(ただし重大な病気などが見つかり治療に入る場合は含まれる)

これを読んで、あれ?意外とお金使ってるな、と思った方も多いのではないでしょうか?
また家族全員分まとめて申請が可能。共働きで生計が別でも、旦那さんの名前で一緒できます。

医療費控除のやり方

まずは明細を保管しましょう

どうせ10万もいかないから、と捨ててしまう人(←過去の私)もいるのですが、まずは保管しておきましょう!1月1日から12月31日までの1年間、家族全員分の医療費控除の対象となる明細が対象です。

申告書の作成方法

確定申告を行う方法はいくつかあります。
メジャーどころで言えば、インターネットで申告書を作成する方法です。H30年度よりスマートフォンから申告書作成も可能になり、便利になりました。提出するためには申告書をプリントアウトし、持ち込みor郵送かe-TAXを選べます。
e-TAXも昨年までは、マイナンバーカードが必要でしたが今年から「ID・パスワード方式」が出来るようになったため、誰でも利用可能です。
私は毎年、インターネットで作成し税務署へ提出スタイルを取ってます。税務署で不備があれば教えてくれるので、何となく安心なので。また住んでいる市町村の確定申告相談会などで、書類を見せると申告書の記載方法を教えてくれる便利な方法もあります。一度利用したことがありますが、安心だしラクです。ただすごく待ち時間が必要で、こどもを連れては無理~!と思い、今は自宅で作成しています。

さっそく入力してみましょう

国税庁の申告書作成ページを開きます。

確定申告書作成コーナー

上をクリックしてこの画面を開いたら、作成開始をクリック!
お手元に源泉徴収票と、マイナンバー、還付先の銀行口座のわかるもの、医療費控除を受ける明細をご準備ください。

次に赤の所得税をクリック!

この画面では会社員の方は青い枠を、自営業の方は赤い枠をクリック。
よくわからなーい、って方は緑をクリックしてください。
そして源泉徴収票をを見ながら、指示通り入力してみてください。

次に進み、次に左上の医療費控除をクリック!

ここでは、医療費控除を行うことを仮定し、医療費控除の適用を選択して次に進みます。

医療費控除を受ける明細を保管していたとして、1番上を選択します。

この画面では明細の内容を1件1件入力していきます。もし保険金などで還付を受けている場合は、支払った金額をAに、保険金で受け取った金額をBに入力してください。
また市町村によっては、こどもの医療費を後払いで還付する地域もあります。そういった地域はBに入力が必要です。その時は、受け取った人はこどもが複数の場合は誰にと断定できないため、空欄にし支払先名称を市町村、Aを空欄でBに受け取った金額を入力してください。

全て入力すると、医療費控除の欄に控除額が反映されます。画像は適当に入力したのでゼロになっていますが、本来はここに数字が入っているはずです。
ここまで入力したら、あとはどんどん進んでマ振込先の口座やマイナンバーを入力したら申告書は完成です。

最後は提出するだけ

申告書をe-TAX提出の方は、指示に従って入力してください。書面提出を選んだ方は、PDFを印刷し税務署へ持っていくか、郵送で提出してください。これで医療費控除の申請は完了です。

医療費控除の申請はとっても簡単

この流れで医療費控除の申請は完了です。
私も毎年医療費控除の申請をしています。300円しか戻らなかった時もあるんですが・・・やらないよりはお得ですよ!医療費控除と一緒に、ふるさと納税や住宅を購入した方は住宅ローン控除の申請もできます。
ぜひ一度チャレンジしてみてください。