【体験談】新生児無呼吸発作で生後1日目に救急搬送された娘

予定日ジャストという40wで生まれた次女は、出産後に何度も呼吸が止まってしまい、生まれた翌日に産院から救急車で搬送されました。

まーみ
あの時の心配な気持ちは未だに忘れられません。
涙が止まらず病院に1人残されて、不安で仕方ありませんでした。
その時の状況と現在の成長の様子をまとめておきます。

出産時の様子

陣痛が始まったのは早朝5時頃。

長女の時は破水したため、陣痛から始まるのが初めてでどれくらいでお産が進むか、全く想像もできず。

合わせて読みたい記事

夏になると気になるのが、化粧崩れ・・・ 特に小さい子どもがいると、公園や外遊び、プールと崩れないわけがないイベントばかりの夏。 まーみ もう諦めて日焼け止めだけ・・・なんてこともあったり。ママと女子力併用はムリ! でも日焼け止めだ[…]

すぐさま病院へ連絡し、2歳半だった長女に準備をさせパパも一緒に家族で産院へ向かい、到着したのは6時すぎでした。

病院へ到着して見てもらったところ、子宮口は3センチほど開いている状態。
ただすぐに生まれるというわけではない、と言われたもののまた帰ってくるのも大変なのでそのまま病院で待機することに。

病院内のキッズルームで長女と遊びながら、陣痛が強まるのを待ちました。

まーみ
どんどん痛みは強くなるものの、まだまだかなぁと思いながら長女と遊ぶ。
でも結構痛いの、これ。笑
そして8時頃になって再度診察。
この時内診グリグリとやらを初めてしてもらいました。
助産師さん
グリグリしたらどんどん開くわぁ!さすが2人目ちゃん。
あ!開大やん、分娩台行ってみようか!
気づいたら分娩台の上。
すぐに分娩準備に入り、9時頃には生まれそう!という会話をしながら待機していました。
でも状況が変わったのはその後。
赤ちゃんが降り始めたものの、旋回異常があり、自力で降りてこられない状態だったんです。
そして助産師さんに言われるがまま、私が分娩台の上で回転し、赤ちゃんの回転を促しました
私が回転すること1時間。
無事に赤ちゃんが降りてきたため、そのタイミングでパパと長女を迎え立ち会い出産で次女を産みました。
産まれた時の体重は、3,118gで元気に産声をあげ何も問題なく元気だと思っていました。
合わせて読みたい記事

私は長女が2歳3ヵ月で次女を出産、そして長女3歳8ヵ月、次女1歳半で末っ子の長男を出産しました。 どちらの出産もパパとこども達と家族みんなで赤ちゃんをお迎えしました。 こどもの立会い出産には賛否両論あります。実際2度経験し、こどもの様子やそ[…]

出産後の経過

出産後は、一緒に病室に行ってから2人目ということもありお世話にも慣れているだろうから、と新生児室に預け長女と午後から病室でお昼寝をしました。

長女が起床しパパと帰宅したので、新生児室で次女を見ていると、たまにピコンピコンと呼吸が止まっている様子が。

助産師さん
少し呼吸が安定してなくて。
もう少しここで預かるね。
今までお腹の中にいて、急に外に出てきたらそんなこともあるのかな?とこの時はあまり深く考えていませんでした。
その後病室へ連れてきてもらって授乳の練習をしたりしましたが、少しビリルビンの数値もあがり軽い黄疸の症状もあったので夜はまた新生児室へ。
翌朝になると状況がまた変わっていました。
助産師さん
夜の間に何度か呼吸が止まっていてね、ちょっと今日もこっちで預かって様子見るね。
翌日は結局ほとんどを新生児室で過ごすことに。
そして夕方には先生からお話があるから、と改めて先生が病室へきて話をされました。
お医者さん
赤ちゃんの呼吸が止まる症状が続いてるね。
40wでで生まれているし、3,118gと体重も十分にあり、一般的には問題がないはずなんだけど、ママも不安だろうから大きい病院へ行って検査することもできるよ。
早く産まれたわけでもない。体重が少ないわけでもない。
でも呼吸が止まっちゃうんですよね。
正直、目視で呼吸が止まっているかってわからないレベルなんです。
機械につないでみて警報音で呼吸をしていないことがわかる…だから余計に怖いんです。

夕方頃、NICUのある大きな病院から先生が直接ドクターカーでお迎えに来てくれ、病院へ向かいました。

NICUで無呼吸発作の検査

ドクターカーで運ばれてその日はパパが付き添い、無呼吸の原因となる感染症、血糖、電解質異常、頭蓋内出血などの検査をしてNICUで入院となりました。

出産2日目に、次女に会うため産院を一時外出しNICUのある病院へ向かいました。

検査の結果の報告を聞きましたが、どれも異常なしで呼吸がとまる原因となるものがないと…

ただ頭蓋内出血については、今は小さいため発見しきれなかったものが、成長するにつれわかるものもある、とは言われました。

しばらくは経過観察のために入院ということでした。

私は産後3日目に体調も良好だったため、NICUへ通うため早期退院。その日から母乳を持って通院をはじめました。

入院して3日目には、NICUからGCUへ移動でき、少し厳戒態勢が解かれ次女を抱っこすることもできました。

頭には検査で塗ったクリームの痕が残り、産まれてからまだ沐浴もできていないため、髪の毛もべったり。

体中に刺された針穴が痛々しく感じましたが、それでもそれでも、我が子は可愛いかった♡

私が毎日できることは、母乳を届けることだ!搾乳して冷凍した母乳を届けました。

日に日に繋がれている線が少しずつとれ、元気に大きな声でなく様子も見れました。

看護師さん
毎朝びっくりするくらい大きな声で泣くんですよ!すごく元気でGCU内に響き渡ってます!笑
ミルクの飲みもよくて、吐き戻すこともなく上手に飲めてます。授乳の練習もできそうですね!
そして経過を見ること2週間、無事に退院することができました。
呼吸が止まる症状も見られず、と言われたものの安心できず、こまめに息してるか確認してましたが、止まることはなく元気でした。

無呼吸発作から3年経ちました

そんな大変な時間を過ごした次女は現在3歳半を迎えようとしています。

もうめちゃくちゃ元気でヤンチャな娘に成長しております。

でもなぜか、未だに息しているか確認しちゃう癖は治りません。

まーみ
それ以降ほんとに元気に成長し、10ヶ月からは保育園へも登園。現在は年少さんにあがり、ダンスや体操、英語の授業も受け日に日に成長しています。
結局これといった原因はわからず、胎内から出てきて肺で呼吸することにうまく切り替えができなかっただけという可能性が高いようでした、
パパとも、ほんとこれは大変だった!といつも話す思い出話になりましたが、当時は気が気ではなかったし、不安しかありませんでした。
現在は、後遺症のような異常も全くなくとっても元気です♡