Webライターになりたい!初心者の専業主婦でも稼げるようになるには

在宅ワークをこれから始めたいという方が、最もとりかかりやすいのがWebライターかもしれません。

私自身が、その典型で在宅ワークでWebライターを始めた一人です。

正直なところ、Webライターは誰でも簡単に始められる職業だと思います。

まーみ
私がWebライターとして収入を得るようになって、1年半。元々ライティングの知識もない主婦だったので、誰でも大丈夫♡
もちろん簡単に始められるとは言ったものの、お小遣い稼ぎ程度なのか、それとも生計をたてていきたいのかによって、目指す場所は全く違います。
ここでは、初心者からおうちでお小遣い稼ぎ程度にWebライターを始めたい!という方にむけ、私自身の経験からご説明します。

Webライターにどうやってなる?

Webライターになりたいと思ったら、まずはお仕事を探さなくてはいけません。

私の場合は、クラウドソーシングサイトの登録というのがよくある第一歩ですが、実は私の第一歩は違いました。

私がまず第一歩を踏み出したのは、このママワークスというサイトで初心者のライター募集への応募でした

クラウドソーシングサイトと違って、ママワークスは自分から気になるお仕事に応募するため、一般的なバイトなどと同じ感覚で始められます。

まーみ
初心者歓迎!というライター募集に応募。履歴書やネットでの面接を経て、いきなり専属ライターになるというのが私の第一歩でした。
ChatWorkというチャットツールを使って、常に質問にも答えていただき、初心者として万全のサポートを受けながらライターデビューしました。
当時の記事はまとめ記事が中心で、情報をまとめていくという作業が中心。
そのためイチから文章を書くわけではない点も、初心者には取り掛かりやすい点でした。

Webライターとしてお仕事を増やしたい

そんなライターとしてスタートを切った私ですが、なにせこのお仕事は波があります。

お仕事があるときは、1日に3記事納品するペースでこなし、月の収入も10万超えという月もありました。

でもサーバーメンテナンスに入ったり、ホームページ自体にリニュアル作業などで、長期可動できない時間もあり、そうなるといっきに収入を落ちます。

まーみ
ちょうどライターとして軌道にのり、子どもたちの保育園入園も決定。そんな矢先にHPのリニューアルでお仕事がなくなりました。
そこで登録してみたのが、クラウドソーシングサイトでした。
私が登録したのは、クラウドワークスとランサーズの2つ。
実際どちらも稼働しようと思うと、なかなか難しい部分がありメイン稼働はクラウドワークスでしています。

クラウドソーシングサイトで稼ぐ

クラウドソーシングサイトは普通の求人と違って、直接契約するわけではなく、サイトを通してお仕事をします。

つまり、こちらの個人情報を伝える必要もなく、クラウドソーシングサイトを経由してお金が振り込まれます。

そのため、ネット上でよくわからない相手と契約するのが不安、と感じる場合は、クラウドソーシングサイトを使うメリットは大きいと思います。

ただ、デメリットもあります。

それはクラウドソーシングサイトを経由してお仕事することで、仲介手数料として報酬から20%も引かれてしまうことです。

まーみ
初めてクラウドソーシングサイトでお仕事したときは、今まで直接契約だけだっだので、20%引かれることがすごく嫌でした。
でも、Webライターとして頑張りたい!そう考える方にとって、20%引かれてでもクラウドソーシングサイトを利用することはメリットがあるとも言えます。
  • お仕事が多い
  • 経験を詰める
  • 初心者向け案件が多い

何より、経験を詰めることが一番メリットかもしれません。

まず応募して、テストライティングを要求されることが多くあります。

このテストライティング、もちろん落ちてしまうこともありますが、受かってお仕事を頂くようになれば自信にも繋がります。

まずは応募してみよう

とにかく初心者の場合、初心者歓迎という案件があれば応募してみてください。

最初は1文字0.5円程度のものも多いと思います。そこである程度記事執筆をし、ライティングスキルを身に着けましょう。

特に校正者がついて記事をチェックしてくれる体制が整っていると、よりスキルアップが見込めます。

初心者Webライターの文字単価っていくら?

正直、0.1円とかあまりに安い案件はおすすめしません。

以前、クラウドソーシングサイトを経由して0.4円で記事を書いたいた経験があります。

その記事は現在Googleで1位をとっています。

でもだからといって、なにか特別な報酬があったり単価があがったり、そういったことは全くありません。

というのも、ライターさんだけで数十人が稼働する記事量産型のサイトで、ライター一人ひとりへの目が行き届いていないように感じました。

それとは反対に、単価2円で書かせてもらっているサイトは、ライターは5人しかいません。

ライター同士もどういった方がどういった記事を書いているのか把握でき、単価面でサポート面でも非常に満足度が高いと言えます。

つまり、何が言いたいかと言うと、単価が安いお仕事より高いお仕事のほうが重宝されやすい!ということなんです。

だからっていきなり高単価案件はつかめませんよね。

だから、私のオススメルートは最低でも0.5円、理想は1円程度のお仕事から経験を積んでください。

  1. 0.5〜1円程度の案件で経験を積む
  2. 受注実績数をあげる
  3. スカウトからお仕事を受ける

そして毎月クラウドソーシングサイトを通して振込があれば、お仕事受注件数という形で受注実績はあがります。

すると、ちょこちょこスカウトでお仕事がくるようになります。

その中には、自分で探すよりはるかに高単価のお仕事が多いです。

スカウト案件から単価の高いお仕事へシフトするようにしていくと、単価は上がっていきます。

関連記事

クラウドワークスでお仕事を開始してもうすぐ1年を迎えます。 この1年やっぱり悩みもあったし、案件がつかめず苦い思い出もあります。でも現在は安定してお仕事をいただけるクライアントさんに出会え、副業として続けているの案件の一つがクラウドワークス[…]

Webライターを始めるために必要なもの

少しづつWebライターとして収入を得ることのイメージは付きましたか?

ではやってみよう!と思ったあなたにWebライターとして必要なもの、それはパソコンです。

ちなみにWebライターには、エクセルやワードなどOfficeはあまり必要ありません。

記事を納品するのは、Googleのスプレッドシートや、CMSという向こうが提示するサイトで記事を書くことがほとんどだからです。

もしパソコンの購入から必要という場合は、いきなり高いパソコンを購入する必要はなくChromebookというGoogleのPCがあれば十分です♡

価格も2万程度からと安く、お手頃のためオススメです。

関連記事

PCの購入をずっと悩んでた私。データが重くなってPCの動きが悪く、たちあがりも激遅!更新も多くて仕事をとめてアップデートしたりと、とにかく不便で。 でも実際、以前と違って副業として続けているので、大きな出費をだして新しいPCを購入する必要が[…]

専業主婦がWebライターとして稼ぎたいなら!

私がWebライターとして始めたときは、長女3歳、次女1歳、3人目を妊娠中の頃でした。

稼働時間はこどもたちがお昼寝している2〜3時間

でもその時間でも月に3万〜最大8万まで稼ぐことができていました。

もちろん子どもたちの体調や、家事、いろいろ左右されることもありますが、隙間時間を上手に使うことで収入を出すことができていました。

もし一歩が踏み出せずに悩んでいるとしたら、ぜひ一歩踏み出してみてください。

関連記事

おうちでお仕事を初めて、もうすぐ1年になります。 この1年には第3子の出産や、マイホームの購入・引っ越しなど人生における大きなライフイベントもありました。そんな1年でしたが現在の私のタイムスケジュールをご紹介します。 朝の時間[…]